建築士を目指す猛烈特訓校(広島県知事正式公認校)
建修技術学校
Googleサイト内検索
建修技術学校
〒733-0821
広島県広島市西区庚午北1丁目15-22
フリーダイヤル:0120-271-256
TEL:082-271-1823
FAX:082-271-0445
学校概要 建修技術学校の指導ポリシーや連絡先、交通アクセスについて|建築士を目指す猛烈特訓校(広島県知事正式公認校)建修技術学校

学校概要

 現在建修技術学校が県知事認可を受けているのは、2級建築士受験資格実務年限の短縮校です。普通原則として大学および工業高校の建築家を出ていない人が建築士を得ようとする場合、大学・高校を出ていようといまいとすべて7年間建築実務の経験が必要なのです。そして2級建築士になって4年過ぎれば1級建築士の受験ができます。この学校は建設大臣および県知事のカリキュラム認定に依り、修行1年で3年間の実務を経て2級建築士が受けられる学校であります。(専攻科は修業2年で2年実務)
 そのためには昼間部は1年間建築の専門科目だけでも1,000時間以上の授業が必要です。月平均100時間です。1ヶ月4週間としても週25時間以上やらなければ夏休・冬休もあることですから間に合いません。それに建築士として必要な教養科目もあります。
 ですから月曜から金曜日まで5日間6時限の授業がビッシリあります。とにかく1年間(或は2年間)ミッチリやって頂くように出来ています。特に重視するのは実習と現場見学です。特に設計実習は完全管理の実習です。多数の実習指導講師が手をとって指導致します。卒業後すぐに役に立つ技術者になってもらう為です。また、CADの授業も充実しています。
 又、夜間部につきましては、月曜日から金曜日まで5日間で15時間の授業があり、土曜日は隔週で実習の授業もあり約600時間受けて頂きます。
 そしてしつけ教育も学校教育の一環としてとらえます。卒業の時は見違えるほどエチケットとマナーを心得た青年紳士淑女として巣立って頂きます。
 建修技術学校で最重視しているのは、休んではならないという事です。単位をとるのは大事な事かもしれませんが、それより出席することの方が大事です。何故ならば技術は繰返し繰返し反復する事によってのみ習得出来るからです。
 

所在地

建修技術学校
〒733-0821 広島市西区庚午北1丁目15-22
お問い合わせ先:フリーダイヤル:0120-271-256 TEL:082-271-1823 FAX:082-271-0445
 

交通手段

赤バス     「庚午北二丁目」バス停下車徒歩2分
青・赤バス  「庚午北四丁目」バス停下車徒歩3分
広島電鉄宮島線 「東高須駅」より500m
 

大きな地図で見る